HOMEへ
施設の基本理念へ
事業計画へ
運営組織図へ
財務諸表へ
施設紹介へ
施設のご利用案内へ
施設のアルバムへ
求人・その他のご案内へ
入所利用約款へ
関連施設のご案内へ
リンクへ


   社会福祉法人
 創世福祉事業団

滝根「聖・オリオンの郷」

〒963-3602
田村市滝根町神俣
         字大平266-3


TEL:0247-68-1121   FAX:0247-68-1141
社会福祉法人 創世福祉事業団 介護老人保健施設 滝根「聖・オリオンの郷」
平成28年度 事業計画
  施設名 介護老人保健施設 滝根「聖・オリオンの郷」
  施設名 田中 リナ         事務長  佐藤 勝
  住所 〒963-3602  田村市滝根町神俣字大平266-3  電話 0247-68-1121
                                    FAX 0247-68-1141
■施設概要
介護老人保健施設         入所定員 100名
通所リハビリテーション       通所定員  30名
■運営方針    
利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指し総合的に援助します。
又、家族や地域の人々、機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。
(1)包括的ケアサービス施設
  利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。
  そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテ
  ーションを提供します。
(2)リハビリテーション施設
  体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的
  に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。
(3)在宅復帰施設
  脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、他職種からなるチームケア
  を行い、早期の在宅復帰に努めます。
(4)在宅生活支援施設
  自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所などのなどのサービスを
  提供するとともに他サービス機構と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に
    努めさせて頂きます。
(5)地域に根ざした施設
  家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応じます。市町村自治
  体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的
  に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。
■職員構成及び処遇について
(1)当施設独自の付加価値を構築するために、?一人一人を大切にしたケア”の心を基本的心得
   とし、各職務を遂行する具体的行動を追求するものとする。
(2)運営組織図をベースに各職種間の専門的な技術・機能を最大限生かし、各職種間の「ほう・れん
   ・そう」の徹底を図り、業務遂行を推進する。
(3)各種専門の委員会を通し、内部研修及び外部研修等の積極的参加により、より専門的技術・
   機能のレベルアップを図る。
(4)利用者の日々の生活において「安全」「安心」の確保は最重要課題である。いかに転倒等事故
   発生を未然に防ぐか又、危険要因を排除できるかが施設の良し悪しの大きなバロメーターで
   ある。そのための具体的取り組みを全職員の共通の課題とする。
(5)地域の方々から親しまれ又、身近な存在として積極的に交流の場を設ける。
(6)リハビリスタッフの充実に伴う利用者様へのリハビリテーションの積極的展開を図る。   
■事業目標(入所者・利用について)
(1)入所
    各指定居宅支援事業所・包括支援センター及び各種医療機関との連携を強化し、利用者
    は勿論のこと家族の主体性を尊重し、在宅復帰・在宅生活の支援に向けたサービスを提供
    します。
    ※ 年間入所者数   1日97名以上の利用者確保を目標とします。
    ※ 在宅復帰率30%以上の継続を図り家族・関係機関とのより一層の連携を図ります。
(2)通所リハビリテーション
    各指定居宅支援事業所・包括支援センター及び各種医療機関との連携を強化し、利用者
    は勿論のこと家族の主体性を尊重し、在宅生活の支援に向けたサービスを提供します。
    ※ 1日平均利用者数  23名以上の利用者確保を目標とします。
    ※ 在宅復帰による通所リハビリの利用を積極的に推し進めます。
(3)サービス
    年間行事計画に基づいて実施します。
    その他、利用者の趣向を考慮しながら各種慰問団体を積極的に導入して行きます。
 ■平成22年度 行事計画・施設内会議計画
  施設名:   滝根「聖・オリオンの郷」 
行事予定
6月初旬
運動会
8月上旬
夏祭り
9月中旬
敬老会
12月下旬
クリスマス会
1月上旬
新年会

※ 誕生祝いについてはその都度
     利用者の誕生日にお祝いの会を
     設ける。
  (レクリェーション・食事前)

※ 避難訓練・通報訓練は毎月
      実施する。
  (第3木曜日)

※ クラブ活動の充実を図る。
  (音楽・手工房・喫茶・園芸)

 

施設内会議
実施日
会議内容
管理者会議・衛生委員会  施設の運営・企画の立案及び決定
 安全管理に関する法規を尊重し、施設と
 従業員が労働災害、健康障害の防止とな
 るべき対策に関することを審議し、快適な
 職場環境を維持する
事故防止対策・身体拘束廃止委員  事故報告書・ひやりハット報告書等に基
 づき 、事故防止に対する検証・対策の検討
 及び身体拘束0作戦に向けた具体的な
 取り組み
設内感染対策委員会・食事ケア委員会  施設内感染に対する予防啓発と対策等の
 関わる協議・検討
 利用者の食事ケアに対する総合的な検証
 ・食事メニュー形態の多様化・食事環境
 の検証・口腔ケアのあり方等
苦情処理委員会  施設のサービスに関し、苦情・要望等の
 申し 出に対し速やかに委員会で協議し、
 より良いサービスを提供する。
褥瘡防止委員会・入浴・排泄ケア委員会  褥瘡防止のための具体的取り組み
 総合的な入浴・排泄全般における検証
余暇委員会  日常生活の活性化・余暇活動の充実に
 向けた検証及び企画・実施
サービス担当者会議  利用者個々のケアプランの作成及び
 協議事項
ナーススッタフ ミーティング  利用者個々の看護状況の連絡及び
 協議事項
介護スッタフ ミーティング  利用者個々の介護状況の連絡及び
 協議事項
給食スッタフ ミーティング  食事提供及び給食業務全般に関する協議